シンガポールの風俗店・夜遊びとは?|世界中の美女たちが集まるほぼ全ての種類の夜遊びを紹介

シンガポールはマーライオンやマリーナベイサンズ、セントーサ島など、見逃せない観光スポットが盛りだくさんです。

また、様々な文化、食事、宗教にも触れることができる多民族国家であることもシンガポールの魅力です。

一方で、シンガポールは街中でガムを噛んだり、電車内で飲食したら罰金だったり、何かと法律が厳しい国のイメージがありますが、実は東南アジアの中で夜遊びが最も熱い国の一つとして有名です。

アジアだけではなくヨーロッパやロシアなど世界中の国々から女の子が集まるため、色々な国の女の子とセックスすることができます。

これまで様々な国で遊んできましたが、一つの国で色々な国籍・人種とセックスできるのはシンガポールだけです。

昨日はタイ人と遊んで、今日はロシア人の金髪美女とセックスして、明日はベトナム人とポーランド人と3Pすることが可能な国です。

また、一部ではシンガポール政府が認めた合法な風俗店(置屋街)も存在し、合法的にセックス(本番)することができます。

そこでは性病検査なども法律に従って実施されているため他の風俗店・夜遊びより安心して遊ぶことができます。

今回は、シンガポールの風俗店・夜遊び事情を紹介します。

メジャーな夜遊びスポットや有名な風俗店は一通り網羅していますので、シンガポールへの旅行や出張を控えてる方にとって参考になればと思います。

シンガポールの風俗店・夜遊びの長所とは?

シンガポールの夜遊びの最大の長所は、世界中の美女が出稼ぎでシンガポールに集まるので、様々な国籍・人種から自分の好みの女の子を選ぶことができることです。

海外での夜遊びは、その国の女の子と遊ぶことが基本です。

例えば、タイ旅行で風俗店に行った場合、相手してくれる女の子はタイ人しか選択肢がないことがほとんどです。

しかし、シンガポールでは、タイ、ベトナム、中国、韓国、インド、インドネシア、フィリピン、モンゴル、ロシア、ウクライナ、ポーランド、スロバキア、スロベニア、セルビア、ルーマニアなどアジアやヨーロッパを中心に様々な国の女の子と遊ぶことができます。

この選択肢の多さは、世界の国々の中でもシンガポールだけだと思います。

シンガポールの風俗店・夜遊びはお持ち帰りが基本

シンガポールの夜遊びは、自分の宿泊先のホテルなどにお持ち帰りするスタイルが基本です。

KTVや出会いバー(出会いカフェ)などでお酒を飲んだ後に女の子と一緒にホテルに戻ります。

一方で、ゲイランと呼ばれるエリアには、政府公認の置屋街があり、そこではお店の中に案内されセックスします。

大阪の飛田新地と似たような遊びとイメージしてもらえればわかりやすいと思います。

下記は、シンガポールの風俗店の主な特色です。

  • KTVや出会いバー(出会いカフェ)でお持ち帰りするのが基本
  • KTVは日本人向けなので英語ができなくても大丈夫
  • 出会いバー(出会いカフェ)は英語ができた方が楽しめる(日本語は通用しない)
  • ゲイランと呼ばれる政府公認の置屋街がある
  • 本番はできないがマッサージ店では追加料金で手コキしてもらえる

シンガポールの風俗店・夜遊びの種類

シンガポールの風俗店・夜遊びの種類を紹介します。

政府公認の合法な風俗店(ゲイラン)、英語ができなくても楽しめる遊び、英語ができた方が楽しめる遊びの順番に解説します。

シンガポール政府公認の合法な風俗店

シンガポールで売春行為は違法

シンガポールの風俗店・夜遊びを紹介する前に、忘れて欲しくないのは、シンガポールで売春行為は違法であることです。

つまり、セックス(本番)を含めた性的サービスは認めらていないということです。

ましてや、未成年からそのようなサービスを受けることは絶対にあってはなりません。

シンガポールで夜遊びすることは一定のリスクがあることを理解してください。

特にシンガポールが初めての方は、事前にインターネットなどで入念な下調べをして最新情報をチェックしましょう。

しかし、例外的にシンガポール政府公認の合法な風俗店があります。

それが置屋街の「ゲイラン」です。

ゲイランはシンガポールで最も有名な風俗街・夜遊びです。

ゲイラン(Geylang)

ゲイランは、シンガポールの中心部からやや東に位置するシンガポール政府公認の売春地区です。

このエリアには数多くの置屋が軒を連ねており、大阪の飛田新地に似た雰囲気があります。

発展著しいシンガポールですが、ゲイラン地区だけは現在も都市開発がなされず、1960年代の古い街並みを残しています。

ゲイランで働く女の子は主に中国、タイ、ベトナムなど近隣の国々から出稼ぎで来ていることが多いです。

また、ゲイランの特徴として、各お店に番号が大きく鮮やかなピンクで記載され、合法であることの証明として役割を果たしています。

逆に、路上にいる立ちんぼ、番号のないお店は、政府の許可がない違法な売春を行っている業者なので注意してください。

ゲイランの遊び方

ゲイランは日本のファッションヘルスや店舗型ヘルス(箱ヘル)と同じようお店の中に部屋があり、そこで女の子とセックスすることになります。

ただし、日本では女の子を指名するときに、パネルを見て選びますが、ゲイランでは待機室にいる女の子を実際に見て選ぶことができます。

そのためパネマジに引っかかることはなく、必ず自分のタイプの女の子とセックスできます。

女の子の選び方のコツとしては、基本は自分のタイプの子を選ぶので問題ないのですが、お客さんが来ているのにスマホをいじっていたり、笑顔がなかったりする女の子は、指名してもサービスが悪い可能性があります。

自分のタイプと指名するときの態度を見てバランスを取って選ぶと失敗する確率が低くなります。

ゲイランの料金

ゲイランの料金は女の子のレベルや国籍、お店によって変動します。

このエリアには合法、非合法を合わせると数百のお店があると言われています。

そのため全てのお店を把握し、料金を説明するのは不可能ですので、当サイト調べでわかった料金の傾向を説明します。

場所(道路名) 国籍 料金
Lorong14 中国・タイ・ベトナム 4,000円〜5,000円
Lorong16 中国・ベトナム 4,000円〜7,000円
Lorong18 中国・タイ・ベトナム 7,000円〜12,000円
Lorong20 中国・タイ・ベトナム 7,000円〜12,000円

当サイト調べでは、Lorong14、Lorong16に料金が安いお店が集中していることがわかりました。

30分で料金4,000円〜7,000円が相場になっています。

日本のピンサロより安く本番ができるのでかなりお得な料金設定です。

Lorong18、Lorong20に足を運ぶと、逆に今度は料金が一気に高くなります。

女の子のレベルが変わるわけではなく、Lorong18やLorong20のお店は時間が60分で本番のサービスだけではなくマッサージもあります。

もしマッサージな好きな方であればLorong18やLorong20に行くことをおすすめします。

ゲイランの場所

ゲイランへのアクセスはタクシーか地下鉄で行くのが簡単です。

タクシーを利用する場合は、運転手に「ゲイラン・ロロン18」と伝えればわかってくれます。

交通量にもよりますが、マリーナベイから約10分、オーチャードからでも20分程度で到着します。

地下鉄で行く場合は、Aljunied(アルジュニード)駅で降りてください。

Aljunied駅の改札を出て、南へ真っ直ぐ進むとSims Avenueという通りがあるので、その通りに入ると、Geylang Roadの看板が見えてきます。

Geylang Roadをしばらく歩くと置屋の怪しいピンクや黄色のネオンが見えてきます。

店名(エリア名) ゲイラン(Geylang)
ジャンル 置屋
電話番号 不明
予約可否 不明
住所 Lor 18 Geylang、Singapore
交通手段 地下鉄『Aljunied(アルジュニード)駅』から徒歩10分
営業時間 14:00〜翌3:00(年中無休)
予算 4,000円〜12,000円
支払い方法 カード不可・現金のみ
ゲイランの注意点

ゲイランには政府公認の置屋以外にも道端で客引きをしている立ちんぼが多数います。

道を歩けば次から次へと声をかけられるので立ちんぼの彼女たちでもいいかなと思ってしまうのですが、立ちんぼは政府公認の存在ではありません。

ゲイランの置屋で働く女の子は、法律に従って性病検査なども実施しています。

そのため安全に遊ぶことができますが、立ちんぼはそのような検査は行っていないので性病に感染したり、ぼったくられてり危険が多いです

安全に遊びたい方は、立ちんぼに声をかけられても無視しましょう。

MEMO

【ゲイランの料金】

基本料金(セックス込み)

  • 4,000〜12,000円

シンガポール政府公認の置屋街なので安全に遊ぶことができます。

【おすすめする人】

  • 低料金でサクッとセックスしたい人
  • 置屋の独特な雰囲気を感じたい人

【おすすめしない人】

  • 女の子とのコミュニケーションを大事にしたい人
  • じっくり時間をかけてセックスしたい人

【女の子のレベル】

★★★★★★☆☆☆☆(6/10点)

基本的に若くてかわいい女の子が多いです。

【遊びやすさ】

★★★★★★★★☆☆(8/10点)

誰でも簡単に遊ぶことができますが、立ちんぼの客引きには注意してください。

出会いバー(出会いカフェ)

シンガポールには「イパネマ」や「BRIX」に代表される出会いバー(出会いカフェ)があります。

出会いバーは入場料を払って店内でお酒を飲んでいると、女の子から逆ナンのような形で話かけてきます。

会話の中で連れ出しの条件を聞いて、お互いにOKであれば宿泊先に向かいます。

男性の人数より女の子の方が多いので、待っていれば必ず女の子の方から話かけてきますが、自分から話かけても問題ありません。

女の子のレベルはとても高く、芸能人級にかわいい子も多いです。

また、アジアだけではなくヨーロッパやロシアなどの女の子もたくさんいます。

白人金髪美女が好みの方は出会いバーに一度行けば必ずハマります。

なお、入場時に身分証明書を提示する必要があるのでパスポートを忘れずに持参してください。

MEMO

【出会いバー(出会いカフェ)の料金】

基本料金(入場料金)

  • 1,000円〜3,000円

セックス(女の子との交渉次第)

  • ショート:2〜3万円
  • ロング:3〜5万円

【おすすめする人】

  • かわいい女の子とセックスしたい人
  • 予算に余裕がある人
  • 時間をかけて濃厚なセックスがしたい人

【おすすめしない人】

  • セックスにお金をかけたくない人

【女の子のレベル】

★★★★★★★★★☆(9/10点)

出会いバーはシンガポールの夜遊びの中でも最もレベルが高いです。

【遊びやすさ】

★★★★★★☆☆☆☆(6/10点)

女の子と料金交渉を行う必要があるのである程度英語ができる方が良いです。

シンガポールで行くべき出会いバー(出会いカフェ)

シンガポールには10以上の出会いバーがあり、初めての方はどのお店に行くべきか悩んでしまいます。

そこでシンガポールにある数多くある出会いバーの中で、当サイトがおすすめするお店を紹介します。

イパネマ(オーチャードタワー)

イパネマは、シンガポールで有名な夜遊び場であるオーチャードタワーの中にある出会いバーです。

オーチャード自体はシンガポールの中心地で大人気のショッピング&グルメスポットですが、オーチャードタワーに入ると雰囲気が一変します。

ビルに入って歩いているだけでたくさんの売春婦から声をかけらます。

イパネマ以外にもオーチャードタワーには10つ以上の出会いバーが入っているので、時間に余裕のある方は色々なお店に行ってみてはいかがでしょうか?

イパネマの入場料は15SGD(約1,100円)で、中に入ると渋谷のクラブのような空間になっています。

歩いているだけでたくさんの女の子から声をかけらますが、当サイトのおすすめは22時以降に入店することがです。

この時間帯になると女の子のボルテージも上がっているので、中には抱きついてきたり、キスしてきたり積極的なアプローチを受けます。

それだけでイパネマに来た甲斐があります。

イパネマは主にベトナムやタイの女の子が多く、ショートで250SGD(約2万円)、ロングで400SGD(約3万円)が相場になっています。

店名 イパネマ
ジャンル 出会いバー
電話番号 不明
予約可否 不明
住所 Orchard Towers #02-43, 400 Orchard Road (S)238875, Singapore 238875
交通手段 地下鉄『Orchard(オーチャード)駅』から徒歩5分
営業時間 19:00〜翌6:00(年中無休)
予算 2万円〜4万円
支払い方法 現金のみ
BRIX

BRIXはイパネマと同じオーチャードにある高級ホテル・ハイアットの地下にある出会いバーです。

入場料がワンドリンク付きで2,500円です。

イパネマがクラブのような雰囲気であったのに対してBRIXは大人な雰囲気の高級バーです。

このような雰囲気なので、トップレベルの美女が集まっています。

タイやベトナム、モンゴルのアジア人が60%、ロシアやヨーロッパの白人が40%です。

イパネマだと白人が少ないので、白人金髪美女が好みの方はBRIXに行くことをおすすめします。

また、料金も美女が集まる分、少しだけ高くなります。

BRIXの場合、ショートでも安くて300SGD(約23,000円)、ロングで500SGD(約38,000円)からです。

BRIXの注意点

BRIX自体は21時オープンですが、オープンと同時に行くのではなく23時頃に行くのがベストです。

しかし、逆にあまり遅すぎて行くのは、今度は良い女の子は取られいる可能性があるので遅くても24時までには行きましょう。

また、BRIXはハイアットの地下にある高級バーなのでドレスコードがあります。

スーツやネクタイなどを着用する必要はありませんが、サンダルや短パンはNGです。

強引に入ろうとしてもセキュリティの制止されます。

ジーパン、スニーカーでOKなので、小綺麗な服装で行くようにしましょう。

店名 BRIX
ジャンル 出会いバー
電話番号 +65-6738-1234
予約可否 不明
住所 10 Scotts Rd, Grand Hyatt, Singapore 228211
交通手段 地下鉄『Orchard(オーチャード)駅』から徒歩7分
営業時間 21:00〜翌4:00(年中無休)
予算 2万円〜6万円
支払い方法 現金のみ

KTV(日式カラオケ)

KTV(日式カラオケ)は、日本のキャバクラに近い遊びで、女の子をお持ち帰りすることができます。

シンガポールのKTVは基本的に日本人向けのお店が多いので、英語ができなくても大丈夫です。

女の子によって流暢な日本語を話せる子もいます。

シンガポールの日本人向け飲み屋街として有名なカッページプラザ(Cuppage Plaza)にKTVが密集しています。

日本人が多く訪れるので初心者でも安全な遊びですが、料金は日本人向けの設定になっているので割安感はそこまでありません。

MEMO

【KTV(日式カラオケ)の料金】

基本料金(飲み代)

  • 1万円〜2万円(時間無制限・飲み放題・歌い放題)
  • 500〜1,000円(女の子のドリンク)

セックス(飲み代とは別途料金が発生)

  • ショート:2万円〜3万円
  • ロング:3万円〜4万円

【おすすめする人】

  • シンガポールの夜遊びに慣れてない人
  • 予算に余裕がある人

【おすすめしない人】

  • 安くセックスしたい人

【女の子のレベル】

★★★★★★★☆☆☆(7/10点)

タイ、フィリピン、ベトナムなどの若くてかわいい女の子が多いです。

【遊びやすさ】

★★★★★★★☆☆☆(7/10点)

料金は少し高いですが、日本語が通じるので安心感があります。

KTV(日式カラオケ)の注意点

シンガポールのKTVで遊ぶ際には、想定より予算を高く見積もってください。

女の子はタイ人やフィリピン人が多いですが、シンガポールの物価は高いので他のアジアの国々のKTVよりも料金が高いです。

クレジットカードは使えますが、2〜3杯ビールを飲んで、女の子にもドリンクを飲ませたら1万円ほど簡単に行ってしまいます。

さらにそこからお持ち帰りすることを考えるとそれなりの出費になります。

イパネマやBRIXと比べてもKTVは高いので、ただセックスしたいだけならゲイランや出会いバーに行くことをおすすめします。

シンガポールで夜遊びするために知っておきたいこと・注意点

シンガポールは日本から飛行機で7時間程度で地理的にも近く、街の雰囲気も似ていることから旅行していて困ることは少ないと思いますが、夜遊びに関しては少し注意が必要です。

両替は市内の両替所のレートが良い

シンガポールの風俗店はクレジットカードが使えないお店が多いので必ずシンガポール通貨のシンガポールドル(SGD)に両替する必要があります。

空港の両替所はレートが悪いので、最低限の金額を空港で両替して、あとは必要に応じて市内の両替所を使うのがおすすめです。

移動にはGRAB TAXIを利用する

シンガポールの風俗店は、色々な場所に点在しているので移動にはGRAB TAXI(グラブ・タクシー)を利用することがおすすめです。

GRABは東南アジアで勢力を伸ばしているタクシーの配車アプリです。

日本での徐々に広まっているUBER RIDEに似たシステムです。

事前にアプリをダウンロードして、行き先を指定すれば、特にドライバーに説明する必要がないので便利です。

また、アプリにクレカを紐付けることができるので料金で揉めることもありません。

SIMカードを準備する

シンガポールに限らず海外で夜遊びする際は、スマホで色々と調べることが多くなります。

そのためSIMカードを事前に準備することが基本です。

空港などでもSIMカードを購入することができますが1GB3,000円〜とかなり高額なので、事前にアマゾンなどでAISのSIM2Fly(シンガポール8日間4GB1,580円)を購入しておくことがおすすめです。

ホテルはオーチャードの近くにする

シンガポールの風俗店・夜遊びは、シンガポールの歓楽街の中心地のオーチャードになります。

そのためホテルもオーチャードの近く予約するのがいいでしょう。

日本人が多いエリアなので、気分的にも安心することができます。

また、遊んだ後にホテルに戻る移動のことを考えたら、遊ぶ場所と宿泊するホテルは近い方が便利です。

ぼったくり(日本人価格)に注意する

昔ほど露骨なぼったくりは少なくなりましたが、今でもぼったくり(日本人価格)はあるので注意してください。

お店にもよりますが通常価格の1,000〜3,000円程度多く請求されます。

抵抗してトラブルに巻き込まれるよりは、数千円程度のぼったくりであれば黙って払った方が得策です。

まとめ

ここまでシンガポールの風俗店・夜遊びについて解説してきました。

シンガポールの風俗店は、日本人が想像するお店以外にもKTVや出会いバーなどの女の子をお持ち帰りする遊びなどもあります。

シンガポールでの夜遊びは大まかに下記の通りに分類することができます。

  • 置屋
  • 出会いバー
  • KTV(日式カラオケ)

是非とも本記事を参考にシンガポールの熱い夜を楽しんでください。

【番外編】日本国内でアジアン美女とセックスする方法

実は海外に行かなくても日本国内でアジアの女の子とセックスする方法があります。

日本で暮らす外国人の数は年々増加しており、2019年には過去最高の282万9,416人を記録しました。

今後もこの数字は伸びると予想されています。

その多くは留学や就職のために来日した10代、20代の若い世代です。

つまりわざわざ海外に行かなくても日本国内で外国人の美女とセックスするチャンスが誰にでも十分にあります。

日本で変態白人アジアン美女が見つかるおすすめアプリ

こらから紹介する3つのアプリは、いずれも実際に、日本国内で東南アジア出身のセフレをゲットできた優良アプリです。

Jメール(R18)

【おすすめポイント】

  • アクティブユーザ(実際にアプリを使っている女性)が他のアプリよりも多い
  • 「大人の出会い=セフレ」目的の女性が多いことで有名
  • サクラや業者が少ないので安全
  • セックスまで行けた回数が最も多い(当サイト実績ベース)
  • 当サイトで最もおすすめしている

↓ ↓ 日本の専門学校に留学中の19才のシンガポール人美女 ↓↓

ハッピーメール(R18)

【おすすめポイント】

  • 会員数2,000万人以上、日本最大級の出会い系アプリ
  • アプリに登録している女の子が多いのでタイプの子と出会える可能性が高い
  • 女の子とのデートやセックスに繋がる確率が他のアプリより高い(当サイト実績ベース)
  • Jメールとハッピーメールの併用が最強

↓ ↓ 日本のIT企業で働くスタイル抜群の24才 ↓↓

ワクワクメール(R18)

【おすすめポイント】

  • 無料ポイントが最大5,000円分貰える(無料ポイント内で出会える)
  • 他のアプリより規模が小さいためライバル(男性)が少ない
  • 女の子の集客に力を入れているため男性の数に対して女性が多い
  • 今は穴場的な出会い系アプリだが今後はライバルが増える可能性があるので今がチャンス

↓ ↓ 日本の中学校で英語を教える25才の美女 ↓↓